上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
あれ?今日って8月31日だよね?
やばい!
宿題が終わってない!
感想文も書いていない!
という少年少女へ。

感想文の書き方を、以前書いたコラムより抜き出しました。
使ってみて下さい。

(コラム「コラムの書き方」:山口哲志 より抜粋)
コラムを書くのは初めてではないし、たぶんそんなに難しい作業でもないと思っている。
○○で書いて欲しいと言われば○○についてネットで調べ、必要そうな文を抜き取り並び方を変えて文体を修正する。そして最後に少し感想のようなものを書けばいい。○○についてまったく知らなくてもそれほど困るという事はない。
 こう聞いて思い浮かべる人もいるだろう。そう、出来の悪い読書感想文と同じ書き方だ。シナリオの大筋を書き連ねた後に『とても面白いと思いました。』で締める。
文字が規定量に足らなければ『~だ。』を『~です。』『~ました。』と変える事でかなりの文字数を稼げるし、それでも足らなければ本を読むにいたった過程を感想の前に書く。
例えば、『僕が紀伊国屋にマンガを買いにいったら、その小説になぜかものすごく惹かれた。』なぜなら『平積みにされた小説の中でも、僕のその日のラッキーカラーの真っ赤な表紙は一番目を引いた。』からだ。ついでに『気になってパラパラと2、3ページめくるとものすごく綺麗な挿し絵が目に飛び込んできた。』もし続けたければその挿し絵の詳細でも書くといい。
こうして、どうでもいいことでほんのちょっとの知識を包んでやればコラムは出来上がる。

(続き省略)

…こんな感じで頑張って下さい。

ランキングに参加中です。
スポンサーサイト
2009.08.31 Mon l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。