上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
「今も聞こえる藻岩の叫び」


moiwano_sakebi_cl.jpg

藻岩山発電所の悲劇を知っていますか?
今も札幌市民の生活を支える「藻岩山発電所」
その建設には“タコ”と呼ばれ、人間扱いされずに過酷な労働を強制させられた人々の悲劇があった・・・
今から18年前の1992年、かでる2.7で1,200人の来場者の歓声に包まれた市民演劇が、今、よみがえります。


演出 志村智雄
原作 千葉くに子
主催 演劇”今も聞こえる藻岩の叫び”を観よう会

と き:8月29日(日)
    18:30開演(18:00開場)

ところ:札幌市教育文化会館
    (札幌市中央区北1条西13丁目)

料 金:大人 当日 3300円(前売り 3000円)
    大学生以下 当日 1800円 (前売り 1500円)

問い合わせ:090-2872-5870(きなし)



こちら、ドラクエ企画がポスターやフライヤー制作に携わっております。
フライヤーのイラストはyamaさん。内容的に重くとられないよう、学生さんたちにも見てもらえるよう、コミックイラストレーションで描いていただきました。
ポスターの画は宮崎亨さん。知る人ぞ知る画家さんで、ポスター用の絵はダークで心から焼かれるような出来上がりになっています。こちらは会場などで確かめてください。
スポンサーサイト
2010.08.28 Sat l 演劇情報 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。